【高校生でも稼げた】高校生はクラウドソーシングで稼げる?

2019-02-25

こんにちは、たつだんです。

今日は、クラウドソーシングというものを知ったので、発信していきたいと思います。

正直言って、ほとんどの高校生が知らないことだと思うので、最後まで読めばクラウドソーシングを使いこなせて稼げる数少ない高校生になれますよ!

実際に仕事をやってみてどうだった?


2020年9月3日追記
現在高校3年生のたつだんです。


実際にクラウドワークスで仕事を受けてみました。


結論から言うと、すごく良かった!


僕はパソコンとか、スマホとか、ガジェット関係に興味があるのですが、それに関する仕事はないかな、って探してたら、やっぱりありました。


最近話題の「楽天モバイル」です。
楽天モバイルを実際に使ってみて、どんな感想を持ったか、お勧めできる箇所などを500文字程度でまとめて欲しい、との依頼でした。


クラウドワークスの仕事って、自分でWordファイルなどに書いて添付して提出、と言う形式も多いのですが、この仕事はもっと簡単で、用意された質問に従って入力していくだけ。30分ほどで、500円をいただきました。


バイトの時給と比較すると、大して変わらないのですが、でも、内容が全然違います。

自分がやっていて楽しいことをしてもらうお金と、嫌々してもらったお金では、価値が全く違うものでした!

実際やってみましたが、仕事を受けてから仕事を完了させ、お金をもらうまでわずか30分あまりと、とても手軽でした。

面白そう、と思った人はこの記事を最後まで読んでください!

では、クラウドソーシングの詳細について話していきましょう。

クラウドソーシングってなに?

クラウドソーシングとは、一言で簡単に言えば「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注すること」です。

https://list.crowdsourcing-fan.com/about-cs/

というふうにクラウドソーシングでは仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人が集まって仕事のやり取りをします。

代表的なサービスとしては、クラウドワークスがあります。

高校生が稼げるの?

僕もクラウドワークスで稼げるまで、「高校生が稼げるのか」疑問でした。

結論から言うと、クラウドワークスは18歳以下は登録できません。

ですが、もし登録して仕事を受けたいなら親に登録してもらって、受けた仕事を自分が手伝う、というような形になると思います。

僕は親には詳しくは話していませんが、何かトラブルになってからでは遅いので、事前に話しておくのがベターでしょう。

親の許可がどうしても取れない、という人は「ココナラ」というサービスがあります。

クラウドソーシングとは少し違いますが、実際に月10万円ほど稼ぐ人もいるようです。

クラウドソーシングをするメリットは?

クラウドソーシングをするメリットについて見てみましょう。

全てオンラインで完結

高校生はバイトができますが、バイトに行くのが面倒だったり、バイトをする場所が近くになかったり、学校がバイトを禁止したりしています。

また、僕のようにそもそもバイトをするのが嫌だったりします。

そんなときに役に立つのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングならインターネット上で全てが完結するので、家の外から出る必要もありません。

インターネットとパソコン(もしくはスマホ)さえあれば仕事ができてしまって、お金がもらえるのです。

他にもたくさんメリットがあります。

ものすごく手軽!

まず、全て家の中で完結するので、通勤時間がかかりません。

中にはバイトに行くまでの通勤時間を使ってクラウドソーシングをしている人もいるようです。

また、立っているだけでいいようなバイトを引き受けて空いた時間にクラウドソーシングを活用して、報酬を二重に受け取っている人もいるようです。

ほかにも、人と話さなくてもできる、というのがあります。

バイトに行ったら確実に誰かと会話して、仕事をどんなふうにしたらいいのか話さなければなりません。

それがクラウドソーシングならオンラインで全て完結します。

覚えることも少なくてすみます。

バイト先だけでしか通用しないようなルールを覚える必要はまったくありません。

世界に通用するようなスキルを習得できるかもしれませんよ。

どんな仕事をすればいいの?

と、ここまでクラウドソーシングのメリットをまとめてきましたが、じゃぁクラウドソーシングで一体どんな仕事をすればいいの、と思っている方も多いでしょう。

ここでは僕がおすすめする仕事を3つまとめておきます。

データ入力

まずは最も簡単な仕事、データ入力です。

手書きで書かれたものや音声を文字に書き起こしていきます。

といっても難しい人には難しいです。

なぜなら作業の効率はタイピングスピードに依存するからです。

タイピングスピードに自信がある人、また自信がなくてもタイピング練習を兼ねて、という人におすすめです。

作業はスマホでもできるとは思いますが、できることならパソコンを用意しましょう。

スマホしかないならBluetoothでつなぐキーボードを買うのもありです。

また、最近は音声入力の精度も上がってきているので、音声の書き起こしはある程度音声入力でやっていきましょう。


手でやるのは細かい修正作業だけでOKです。

記事作成

ホームページや、ブログ用の記事を書く仕事です。

僕はこれが一番だと重っていて、ある程度のライティング能力があれば誰でもできます。

また、自分が好きなことを探して書くこともできます。

たとえば、僕はパソコンやガジェット関係が好きなのですが、探してみるとそのレビューが募集されていました。

2000文字で2000円と、1文字1円でした。

この仕事をもし1時間で終わらせたら時給2000円です。

そう考えればクラウドソーシングは効率よく仕事ができればバイトよりも稼げると言えます。

中には1文字0.1円などの低い単価もありますが、その仕事を受けるときは、得られるメリットと、その仕事をすることで消費する時間をしっかり考えましょう。

専門性の高い仕事

最後に紹介するのは、専門性の高い仕事です。

これはそのスキルを持っていないとできないので、単価は高くなります。

もしあなたがそのスキルを持っているなら普通にバイトをするよりも多く稼ぐことができますよ。

たとえば、デザインのスキルやプログラミングの技術です。

また、多く稼ぐことができるだけではありません。

実際に仕事をしてみてわかること、学ぶことも多くあるはずです。

それができるだけでも価値があります。

また、将来進学するときや就職するときにも役に立ちます。

スキルがある人や身につけたい人はぜひのぞいてみてください。

まとめ

まとめです。

仕事を受ける方法にはクラウドソーシングというものがあります。

バイトより優れたところも多くあり、簡単にできます。

以下に役に立つ記事や、リンクをまとめておきます。

クラウドワークスの登録は下のリンクから↓

CrowdWorks

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます

こんにちは、たつだんです。

今回、16歳高校生の僕がどうやって起業に至ったのか、その物語がAmazonで販売されることになりました!!

それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからのストーリーを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので ぜひ読んでみてください。

感想をくれた人には、特典を作る予定ですので感想もぜひ送ってください!