「起業3年目までの教科書」感想2回目

こんにちは、たつだんです。

今日は、「起業3年目までの教科書」感想の2回目を書いていきます。

最後まで読んだのですが、ネットビジネスでも参考になることがたくさんあってとても役に立ちました。

これは、図書館で借りたのですが、書店で買って手元につねにおいておきたいと思うほどいい本でした。

では、今日は2回目ということで主に書籍の後半の内容を書いていきます。

PDCA

僕は初めて知ったのですが、この本では、PDCAというものが紹介されていました。

これは、

P 計画する

D 実行する

C 評価する

A 改善する

の順番でやっているとうまくいきますよ、という概念だそうです。

これは、まあ確かに、とは思いました。

でも、これは実が間違っているそうです。

正しいのは、まず、成功している人に話を聞いて、計画し、実践し、改善する、です。

これには思わずうなってしまうほど納得しました。

たしかにな、と思いました。

というのも、ネットビジネスの業界ではこれが当たり前だからです。

まずは稼げている人にその方法を教えてもらう。

その上で計画を練り、実際に行動してみる。

これは、成功者なら誰でもやっていることです。

そして、ネットビジネスじゃないこの業界でもこれが通用するのにはさすがだな、と思いました。

ネットビジネスどころか、この法則はどの業界でも通用します。

通用しないのは、その業界にまだ成功者がいない場合ですね。

でも、その場合でもこんなふうに行動していくのはものすごく大切だと感じています。

そもそも、なぜ最初に計画するのが間違っているのかというと、たいていの場合成功する計画というのは天才が考えつくものだからです。

僕みたいな凡人では最初から計画した場合、かなりの高確率で失敗します。

そして、最初の計画が失敗案だった場合、その後いくら実行しても、評価しても、改善しても、うまくいかないのは誰にでもわかることです。

つまり、このPDCAというのは天才にしか当てはまらない成功法則だったのです。

まあ、たしかにこれを意識するだけで誰でも成功できるならこの世の中、成功者だらけになっているはずです。

また、そんな成功法則なら誰もが知っているはずです。

でも、実際にはそれがおきていない。

つまり、間違っているということに気づいたこの著者は素晴らしいです。

この本を読んでいくうちにどんどん尊敬するようになりました。

この本を書いている人は、この順番で仕事をやるようにしたところ、人生が変わったそうです。

まずはC,評価する。

これは、言い換えると真似すればいい、ということです。

まずは成功している人に教えてもらい、真似する。

でも、ただ単に真似するだけではだめで、自分でちゃんと工夫して計画を立てる。

そうすれば必ず人生も変わっていくことでしょう。

なぜなら、どんどん成功者に近づいていくから。

そして、成功者に近づいていくということは、人生が変わっていくということを示します。

僕も、これからはこの「CPDA」を意識してビジネスをやっていきます。

意志の力には頼るな

もう一つ心に残ったことがあります。

それは「意志の力には頼るな」ということ。

人間の意志の力ってものすごく弱いです。

僕も、これをしよう、あれをしよう、と思って履いても実際に行動に移すことができないことがよくありました。

じゃあ、どうやって行動を継続させればいいのか。

それは、「命綱を握りしめながら、断崖絶壁から続々と飛び降り続けよ」です。

もちろん、僕にも最初は意味がわかりませんでした。

でも、命綱は、キャッシュエンジンのこと。

そして、断崖絶壁というのは、自分を追い込んでいくということ。

これを聞いてなるほど、と納得しました。

再起不能にならないほどの安心を持って、自分をどんどん追い込んでいけ、ということです。

先ほども言ったとおり、人間の意志の力ってものすごく弱いです。

だから、行動しようと思ったら、行動しなければならない状況に自分を持っていくことが大切になってきます。

そのときに、命綱を忘れないように、ということです。

では、具体的に自分を追い込んでいくというのはどういうことでしょうか。

これは、いくつかありますが、まとめていうならば、やるしかない、という状況に持っていくことです。

こんなに自己投資してしまったからもうやるしかない、とか。

たくさんの人の期待を背負っているからにはもうやるしかない、とか。

そんなふうにもうやるしかない、という状況に自ら持っていくことが大切になってきます。

そしてこれができる人は、行動し続け、どんどん結果を出していくのです。

そうなるためにも、どんどん自分を追い込んでいきましょう。

自己投資するのは、自分も成長でき、なおかつ行動するしかない状況に持っていけるのでおすすめです。

まとめ

「起業3年目までの教科書」はすべてのビジネスに共通することを教えてくれる素晴らしい本だと感じました。

特に、今日紹介した「CPDA」と「意志の力には頼るな」はよく覚えておきたいと思います。

多分一生に渡って自分を成長させてくれるマインドです。

最後までお読みいただきありがとうございました。