【高校生だからこそ解説】副業は辛い、副業と本業の考え方

こんにちは、たつだんです。

今日は、副業がつらいと考えている人が意外と多いようなので、この記事を書いていきます。

最近仕事が辛いと感じている人は必ず読んでください。

そもそも副業、本業とは

そもそも、副業がつらいということはなぜ起こるのか。

それは、本業の仕事があるのに、副業でさらに仕事をしているからです。

ただでさえきつい本業にさらに副業という仕事が加われば、きついのも当たり前です。

だから、まずはこの状況をどうにかしなければなりません。

この「ダブルワーク」という状況を改善すれば今よりかは辛くなくなります。

そのために必要なことが、どちらか一つの収入で必要なお金をすべてまかなえること。

確かに、言ってしまえば簡単なことです。

でも、これを目指さなければいつまでもつらい状況が続くだけです。

そもそも、副業、本業という言葉自体になにか誤解してしまうかもしれません。

副業はあくまでも本業の支え、というふうに考えているのであれば、いつまでも本業の収入を超えることはなく、いつまでもつらい状況が続きます。

だから、副業を本業にしてやる、くらいの勢いで進んでいくことが望ましいです。

逆に、本業のほうは、将来副業になるかもしれない、と思えばちょっとしたモチベーションになるのではないでしょうか。

辛いならどちらかに集中する

そのために必要なことが、どちらかに集中していくこと。

どちらも適当にやっていれば、どちらとも中途半端に終ってしまうだけです。

そして、いつまでもつらい状況が続くだけです。

だから、どちらかに集中して頑張っていくしかありません。

もちろん、自分の頑張りがすぐに反映されないこともあります。

僕がやっているこの、ネットビジネスも最初はまったく期待できません。

ですが、将来僕は就職しなくてすむように、今から他の人が「副業」としてやっていることを「本業」としてやっています。

だから、けっこう本気でやっています。

もちろん、失敗しても食いっぱぐれる事はないので、それだけではモチベーションにはなりませんが。

だから、将来どちらかを本業にするために、副業も本業と同じように本気で取り組みましょう。

僕も今、インターネットビジネスでまったく結果が出なくて、かなりつらいです。

この業界には何もしなくても月100万とか稼いでいる人が多いだけに、なおさらです。

それでも、僕は将来のことを考えると、就職だけではない選択肢を持っていたいのです。

このようにどちらかに集中していくことを「選択と集中」と言います。

かなり大事なことです。

これができないと、あれもこれも、となってしまい、いつまで経ってもつらい状況から開放されることはありません。

何も、副業に限った話ではありません。

これは、ふだんの生活においてもそうです。

あれもこれも自分がやらなければならない、と思っていては、自分の時間なんていくらあっても足りません。

本業をした上に、さらに副業、家事、子育て、などなど。

すべてやろうとしていたら自分の時間なんてなくなってしまいます。

一日が24時間では足りなくなってしまうのです。

だから、そうならないためにも、どちらかに集中していきましょう。

辛いことへの応急処置としては

もちろん、今までに言ってきたような根本的な解決をしたほうがいいに決まっています。

でも、そんな簡単には行かないのが現実です。

どちらかに集中していくとはいっても、そんな簡単には収入は上がりません。

だから、それまでにどうやって辛さに対処していくのか、書いていきます。

「応急処置」と書くと、聞こえは悪いかもしれません。

でも、僕はあなたに辛くなくなってほしいです。

だから、少々きついですが、書かせていただきます。

でも、絶対にどちらかに集中していくということは忘れないでください。

目的・理想を持つ(マインド)

まず、これはかなり大事なことです。

やっている副業に対して目的や理想を持ちましょう。

その副業で得られるスキル、将来どうなるのかを考えましょう。

そうすれば、今よりも副業がつらいと思うことはなくなるはずです。

どんなことでも同じですが、なにか動機や目的、理想を持てばかなりモチベーションになります。

僕も、学校の勉強は将来役に立つ、自分のためになる、と思って受けています。

そうでもしなければ学校の勉強なんてただの無駄な時間ですからね。

だから、副業だけでなく、すべてのことに動機や目的、理想を持ちましょう。

どんなことでも構いません。

僕のネットビジネスなら、将来自分らしく生きるため、とか、先程言ったように選択肢を多く持つため、というのがあげられます。

この仕事を通して、こうなりたい、こんなものがほしい、と思えばいいだけです。

たったこれだけのことだけですが、そうすれば、辛さが少しはなくなります。

マインド面で次に大事なことは、その仕事を好きになること。

辛い仕事を好きになるなんて無理だ、と思った方は多いと思います。

でも、好きになるというのはまずその仕事に我を忘れるほど時間を割いたあとになるものです。

だから、まずは先程言ったように動機や目的、理想を持ってその仕事に取り組みましょう。

そして模試できることならその仕事に我を忘れるほど本気で取り組めばいいのです。

そうすれば好きになります。

と言っても、この方法はかなり難しいです。

僕もかなりの時間をこのビジネスに捧げていますが、好きと思ったことはありません。

でも、面白いな、と思ったことはあります。

こんなふうに必ずしも好きになる必要はないのです。

その仕事が、少しでも面白いな、と思うだけでも十分です。

いやいやでやっているよりかなり辛さが軽減されます。

マインド面で次に大事なことは、自分を責めないこと。

もちろん、人間です。

誰だって気持ちの浮き沈みがあります。

僕だってネットビジネスなんて何度やめてやろうと思ったかわかりません。

でも、そんなことを思ったとしても、決して自分を責めてはいけません。

そうしてしまえば自分のエネルギーが削られていく一方です。

自分で自分のエネルギーを削る、いわばオウンゴールのようなものです。

もったいないだけです。

だから、つらいことなんて忘れていればいいのです。

決して自分のエネルギーを削らないようにしましょう。

スケジュール管理(タイムマネジメント)

次の要素は、スケジュール管理です。

本業も副業もさらには、家事までなんていうといくらあっても時間が足りません。

だから、辛くなるのです。

まずは、自分の時間を持ちましょう。

そうするだけでかなりのストレスを軽減できます。

そのためには、やはりどこかで自分の時間を見つけなければなりません。

その方法としては、2つほど考えられます。

副業を減らす

まずは、一番簡単な方法です。

副業の時間を減らしてしまえばいいのです。

そんなことしたら、収入が減ってしまうから絶対にしない、という人もいるかもしれません。

でも、それこそが自分の時間を奪う原因なのです。

だから、思い切って副業の時間を減らしてください。

もし、どうしてもお金が必要だというなら辛い副業は辞めて、自分の興味がある副業に移動するのもありです。

辛い副業をやっているより生産性も高いですし、辛い要素も少なくなります。

こんなふうにまずは副業を減らしましょう。

そうすれば辛くなくなることは、間違いないです。

だってそれが辛い原因なんですから。

代りにしてもらう

自分の時間を増やす方法の2つ目としては、自分の仕事を誰かにしてもらう、というのがあげられます

だからといって、副業の仕事を誰かにしてもらうわけではありません。

自分がしなければならない、でも誰にでもできることをしてもらうのです。

何もこれは、人にしてもらうのだけが方法ではありません。

僕も以前買いましたが、ロボット掃除機などを買うのもありです。

それだけで自分の時間を増やしてくれると考えるなら、初期費用はそこまで高くありませんよ。

こんなふうにまずは自分の時間を増やしましょう。

そして、そこで自分のリラックスすることをしていけばいいのです。

リラックスする

もし副業が辛くても、一日の中に楽しめることがあるならある程度は緩和できます。

僕の父は、毎日のように酒を飲んでいますが、そのときにはたいてい、これがないと働けない、みたいなことをいっています。

そして、この時間が至福のときだ、とも言っています。

こんなふうになにか自分の楽しみを見つけましょう。

僕の場合なら、インターネットビジネスで疲れたあとは、自分の趣味であるパソコン関係のYouTubeなどを見て楽しんでいます。

毎日たった一つのことでいいのです。

自分だけの楽しみを見つけましょう。

そうすれば毎日の辛いことなんて一瞬だけでも忘れていられます。

そして、その時間が大事です。

忘れていた時間をまた思い出せばいいのです。

この時間をつくるためにも、先ほど言ったように自分の時間をつくることは大事になってきます。

まとめ

まとめです。

最後に言っておきたいことがあります。

それは、いちばん大切なのはあなたです。

あなたが体を壊してしまったら元も子もありません。

確かに、何かをしたい、という理想や目的は必要です。

でも、それ以上に大切なものは何なのか、と考えてみてください。

きっとそれがあなたを救ってくれます。

自分らしく生きられますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。