「働き方」を読んで 仕事で悩んでいる人に読んでほしい一冊

こんにちは、たつだんです。

今日は、稲盛和夫氏の「働き方」という本を読んだので、感想を書いていきたいと思います。

なぜ働くのか

まず、僕も思っていることから、話は始まりました。

なぜ働くのでしょうか。

なぜ働かなければならないのでしょうか。

稲盛氏はそんな質問に答えてくれました。

「人が働くのは、心を高めるため。」

前回紹介した哲学の本にも同じようなことが書いてありました。

人の人生は、心を高めるためにあります。

そして、その心を高めるための手段こそが、働くことなのです。

と言っても、働くのは、食っていくためだと思っている人も多いと思います。

もちろん、それもあります。

でも、みんながみんなそう思っていたら、この社会はどうなってしまうのでしょうか。

働くのは、稼ぐため、それだけ。

働くことの意味なんてない。

以前友達が話してくれてことがありますが、終電に乗ったときに、電車に乗っている人の目がみんな死んでいたようです。

これを聞いて、正直怖いな、と思いました。

この社会で生きていけば、将来自分もそうなるかもしれないのです。

だからこそ、自分の仕事に対する意義や希望を見つけて、目の色を失わないようにしなければなりません。

働くのは、食っていくためだけではありません。

人生においての自分の心を高めていくためのものです。

そのことをしっかりと胸に刻んで、明日からも頑張りたいと思います。

いかに働くか

働く意義を見つけられたら、どのように働くかが重要になってきます。

と言っても、働くことの意義を見つけることができたら、自然とどのようにして働くのかは決まってくると思いますが。

それでも、仕事をしていく中には、困難な壁にぶつかることもあるでしょう。

そういうときこそ、自分の「思い」がとても大事になってきます。

自分の力では無理だ、と簡単に諦めてしまってはいけません。

自分の力では無理、だからこそ、自分の力を信じて絶対にできると思うことが大切です。

そうしていれば、その思いは必ず伝わり、いつか想いが叶うのです。

そのためにも、まずは思うことが大事です。

自分の仕事のことを考え続けて、その仕事を好きになるくらい考えてください。

そうすれば、きっと神様がその思いを叶えてくれるでしょう。

僕もその時を信じて、常に仕事のことを考え続けていきたいと思います。

完璧主義

この本の中で、唯一僕が疑問を抱いたところです。

僕は普段から完璧を目指すと失敗する、ということを知っています。

だからこそ、このタイトルを見たとき、あれ?と思ったのですが、読んでいくうちになるほどな、と思いました。

立派な仕事は、完璧な仕事から生まれるというのです。

たしかに正しいことだと思います。

でも、僕が知っている、完璧を目指すと失敗する、というのとは少し違います。

つまり、常に完璧を目指して行動していれば、必ずいいものが作れるということです。

実際、僕も完璧なものを作りたいと思っています。

でも、プロでもないので、完璧に行くわけがありません。

失敗してばかりです。

それに、もし自分では完璧の行くものが作れたと言っても、他人から見れば、全くだったということも起こります。

でも、完璧を目指す心だけは大切です。

ここでも心の話が出てきました。

完璧を目指して行動するからこそ、いいものが生まれるのです。

面倒だ、とか、間違ってもいいやというような心でやっていては、いつまで経っても成功はやって来ません。

なぜならそれは、完璧を目指して作ろうという意志が伝わってこないからです。

最終的な結果は完璧でなくても構いません。

最後まで完璧を目指して、結局行動しないのは、意味がありません。

仕事をすることができていないからです。

完璧な仕事をしようと思って、頑張ってきたのに、完璧を目指すあまり、結局仕事が終わらなかったらどうでしょうか。

それでは本末転倒ですよね。

だからこそ僕は、仕事をするときは、完璧を目指していく、でも、いつまでも完璧にこだわらない、という気持ちでやっていきたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。