「なんのためにするのか」は大事な要素

こんにちは、たつだんです。

今日は、「なんのためにするのか」は大事な要素という題名で話をしていきます。

僕も、この考え方はかなり大事だと感じているので、ここで共有しておきたいと思います。

結論から言ってしまうと、AするためにBをする、じゃなくてBをしたからAをする、というような考え方です。

と言っても、わからない人が多いと思うので、詳しく説明していきます。

まずは何か行動を起こす

まずは何か行動を起こしてみましょう。

もしかしたら、またその話かよ、と思った方がいるかも知れません。

でも、僕にはある強い思いがあります。

それが、みんなに自分らしく生きてほしいということ。

そして、自分らしく生きていくためには行動することが最も大切です。

今、自分らしく生きている、と自信を持って言える人なんてかなり少ないと思います。

僕だってそのことを聞かれたら、自信を持って答えることなんてできません。

だからこそ、僕にはみんなに自分らしく生きてほしいと思っているのです。

僕はビジネスを通して、あなたは僕のビジネスに関わることで、そうやってどんどん自分らしさの連鎖が続いていったら面白いと思いませんか。

そんな未来を夢見て僕は毎日活動しています。

この思いは絶対です。

だからまずは行動しましょう。

僕がこんなことをするようになったのも、まずは行動したからです。

行動しなければ今の自分はありません。

考えてみれば当たり前のことですが、今までの行動によって自分は形作られているのです。

あのときこんなことをしていれば、あのときこれをしなかったら、そんな後悔はたくさんあると思います。

でも、それって全部理想の自分とのギャップをその行動のせいにしているに過ぎないんです。

だから、理想の自分に近づきたいならまずは行動していきましょう。

その行動が未来の自分を新しく作ります。



前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

行動を起こせる人って、才能がるわけではありません。

それだったら今成功している人はみんな、才能があることになってしまいます。

でも、実際には才能はなくても成功できると言われている業界だって、たくさんあります。

それらはどうやって説明しろというのでしょうか。

それはやはり、自らが行動できるように工夫したからに過ぎません。

今日話すのは、その工夫の話です。

よく、〇〇をするために〇〇を買う、って人、いますよね。

たしかにそれは間違いじゃありません。

そうやって一歩行動を起こすことも大切です。

僕だってこのブログを始めるためにパソコンを買いました。

このパソコンがなかったらきっとこのブログはまだ存在すらしなかったものでしょう。

でも、僕は頑張って一歩行動したのです。

すると、こうやって自分の資産と言っても過言ではないブログが高校生にして成長するようになったのです。

話がそれてしまいました。

確かに、こんなふうに何かをするために何かを買うのは大事なことです。

でも、こんな人って、長続きしない場合が多いです。

どんな場合かというと、主に通販。

僕の親は、深夜に起きていて、よくなにかサプリメントだったり、健康器具だったりを注文しています。

でも、それって全然長続きしないんですよ。

もちろん、効果が出ないというのもありますが、それだけでなく、続ける理由がないのです。

たとえば、僕の父は腹筋を鍛えるときにサポートするような道具を持っていますが、それを使ったことがあるのは本当に買った初めの方だけです。

ほとんど見たことがありません。

これって、効果がないどころの話ではなく、そもそも効果があるかどうかすらわからないのです。

それもそのはず。

まともに使ったことがないなら当たり前の話です。

こんなふうに、目的もないのに買った人は大抵、挫折します。

僕は将来こんなふうにはなりたくありません。

だって、この行動って、ものすごく悲しいことだと思うからです。

注文する、という行動は興しているのに、その後続けることができない、これって悲しいことじゃないですか。

僕は悲しいことだと思います。

最初の一歩、行動ですらものすごく大きな勇気を必要とします。

他の人がどうかは知らないのですが、少なくとも僕はそうです。

だから、せっかく勇気を出してリスクを取って行動したのに、その後行動できないのは、本当にもったいないな、と思ってしまうのです。

だからこそ、大切な考え方があります。

それが、何かをしたから何かをする、ということ。

え?何がかわったの、と思う人がいるかも知れません。

でも、そのとおりなんです。

行動自体は何も代わっていません。

ただ、考え方が変わっただけなんです。

どう変わったかというと、先程のブログとパソコンの例で例えてみましょう。

普通の人は、ブログをするためにパソコンを買います。

実際、僕もそうでした。

でもこの考え方を変えてみるとこうです。

パソコンを買ったからブログを書かなきゃ。

この考え方の違いって、意外と大きいです。

そして、買ったものの値段が高いほど、自分にかかるプレッシャーも大きくなるので、その分作業に対する責任感が生まれてくるのです。

だからまずは行動、この大原則は変わりません。

でも、その後の考え方を少し変えることで、モチベーションを失いそうになったときでも、また、モチベーションを取り戻すことができるのです。

まとめ

まとめです。

まずは行動することの大切さを書いてきました。

その後、モチベーションが保てなくなることも出てくると思います。

でも、そんなときは少しだけ考え方を変えてみてください。

高い教材を買ったからにはするしかない、この考えで新たなモチベーションを生み出していきましょう。

だから、この記事を100万円の価値があると思って読むのも、ありかもしれませんね。

僕はこれからもこんな考え方で頑張っていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。