【高校生でも解説】ネットビジネスは友達を誘うべき?教えるべき?

こんにちは、たつだんです。

今日は、ネットビジネスに友だちを誘うべきなのか、教えるべきなのか、という題名で解説していきます。

あなたが友人との信頼関係を維持するためにもぜひ知っておいてほしい知識を話していきます。

ネットビジネスとは

ここでは、ネットビジネスというのは、インターネットを使って展開するビジネスのことを言います。

この記事を書くにあたって、ネットワークビジネスというのを知ったのですが、それはいつか家庭科の授業で習った【マルチ商法】のことです。

今回は、少し違うことですが、共通することもあります。

ぜひ最後まで読んでください。

僕がいうネットビジネスとは、ブログやメルマガを駆使してビジネスを展開していきます。

実際にこれで月500万とか稼いでいる人もいるわけですが、正しい考え方をすれば誰でも稼ぐことができるビジネスです。

そのため、このビジネスに取り組む人はかなり多いです。

僕も実際に取り組んでいるのですが、一時は友達にもこのことを伝えようか悩んだこともありました。

おそらく僕と同じような考えを持っている人は多いと思うので、このように記事を書いていきます。

いきなり結論

いきなり結論を言います。

僕には決められません。

では、その理由を書いていきます。

友人との信頼関係

最初に書いておくのは、友達との信頼関係です。

おそらく、友達に教えようとか、勧めてみようとか考えるということは、仲がいいということでしょう。

基本的にはネットビジネスは紹介したところで、自分にほとんどもうけはありません。

ただ、まったくないということもなく、登録するだけでお金がもらえるアフィリエイトなんかもあります。

(アフィリエイトとは、サービスを紹介することで、紹介料として報酬を得ることです。)

代表的なものとしては、ネットビジネスに必要なブログの契約などがあげられます。

これを紹介することで、報酬を得ることができるわけですが、たいした報酬額ではないので、それをあえて友達に紹介しようという人は少ないはずです。

ここから考えられるのは、友達にただ単にこのようなビジネスの存在を知ってほしい、ということ。

僕もこれでした。

正直にいうと、こんなビジネスほとんどの人が知りません。

だから、このようなビジネスを知っている自分というのは貴重な存在だというわけです。

だから、親しい友達に教えたいという気持ちもよくわかります。

では、教えた場合と教えなかった場合とで分けて考えていきます。

教えた場合

教えた場合、誘った場合、勧めた場合を見ていきます。

メリット

メリットとしては、二人で一緒にがんばれるということでしょう。

また、教え合うこともできます。

ネットビジネスに限らず、勉強するときはインプットしたらアウトプットすることが大切なのですが、それを友人との間ですることができるのです。

なにか学んだことがあったらそれを友人に話す。

自分もなにか教えられることがある。

こんなふうにして徐々に成長することができます。

ただ、これは二人で一緒に頑張る、と決めた場合だけでしょう。

もし教えた段階で、そんなの面倒だ、ということになればこのような相乗効果は得ることができません。

僕は教えようとしたのですが、やっぱり断られる気がしたので辞めました。

でも、もし協力を得ることができたのならかなり強いです。

ビジネスは仲間がいれば加速します。

それは、さっき言った通りのことですが、それだけではありません。

仲間がいるだけで励ましあうことができるのです。

ビジネスをやっていれば辛いこともたくさんあります。

辞めたくなることもあります。

夢が叶いそうにないこともあります。

でも、そんなときに支えてくれるのが友人の存在です。

以前読んだ本では、支えあることでそれぞれが自分の夢を叶えていったという実話がありました。

だから、仲間の存在はかなり大きなメリットです。

デメリット

教えた場合のデメリットとしては何が考えられるでしょうか。

それは、おそらく自分の時間がなくなることだと思います。

もし、自分のほうがビジネスの知識を持っているのであれば、まったくの初心者に教えるわけなので、自分の時間がどんどん奪われていきます。

だから、ある程度時間を捧げる覚悟が必要です。

他に考えられるのは、怪しいことをし始めた、となること。

まあ、そんなことで仲が悪くなるのなら大して仲が良くなかったということですよね。

教えなかった場合

次に、教えなかった場合を見ていきましょう。

メリット

メリットとしては、自分の作業に集中できるということ。

友人に教える必要がないので、自分だけの作業に集中することができます。

だからといって、教えながら進んでいくのが効率が悪い、とも言えないので、難しいところです。

他にメリットとしては、友人間の仲ということを一切考える必要がなくなること。

そもそも教えることがないので、疑われることもなければ、仲が悪くなるということもなくなります。

ただ、これは付き合いが薄い場合で、もしネットビジネスに本気で取り組むというなら、かなりの時間を使わなければなりません。

そのため、友人と頻繁に遊びに行くのなら断らなければならないときも増えるでしょう。

そのときに付き合いが悪いな、と思われるかもしれません。

デメリット

ということで、これがデメリットです。

ただ、付き合いがあまりないのならまったく気にしなくて構いません。

他にデメリットがあるのなら、それは教えなかったことによって教えるメリットがない、ということでしょう。

友人との教え合いによって得られる相乗効果は一切ありません。

まとめ

まとめとしては、なんとも言えない感じになってしまうのですが、どちらでもいいと思います。

正直このあたりは自分で考えるしかありません。

ただ、僕の考えとしては、結果が出たら友人に言うかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。