完璧な人間はビジネスに必要なのか?考えてみる

こんにちは、たつだんです。

今日は、完璧な人間なんていないんだよ、という話をしていきたいと思います。

そんな事知ってるよ、と突っ込まれそうですが、それでも知っておいてほしいことです。

ビジネスで成功するなら絶対に必要なものです。

もしも完璧な人間なら

もしも完璧な人間ならどうでしょうか。

きっと一秒の狂いもなくスケジュール通りに行動しているはずです。

一日を見ていきましょう。

朝は眠いとかまったく言わずに決まった時間に起き、顔を洗い、ご飯を食べ、朝することをいつものように繰り返します。

決まった時間にするべきことをします。

もし何かのトラブルがあっても、それはそれで冷静な判断で切り抜けることができるでしょう。

言われたことは確実に一回で覚えます。

聞き返すことも忘れることもありません。

高校に通えば文句無しで学校一位でしょう。

そのまま世界一になることは間違いありません。

少し話はそれますが、こんなことを書いていると昔見た「はなかっぱ」を思い出しますね。

彼は頭に花を咲かせることができるのですが、ある時スケジュールを守らせる花?のようなものを咲かせました。

するとどうでしょうか。

そのスケジュール通りに行動しようとするがあまり、友だちと遊ぶこともなくなってしまったのです。

最後には友だちと遊びたいという欲求が勝って、花は散ってしまいました。

だからこそ面白い

こんなふうに完璧な人間なんていたら全く面白くありません。

いくら人間としては優れていても人間味が全く無いので、面白くないのです。

そんな人間ばかりだったら困ります。

今の世の中はいろいろな人がいますが、その全てに共通するのは、完璧な人間なんていないということ。

でもだからこそ面白い。

だから完璧じゃないことは欠点ではありません。

行動あるのみ

完璧な人間なんていないから面白いんです。

でもその中で結果を残そうと思ったら努力する必要があります。

やっぱりそんな話か、と思ったかもしれません。

でも考えてみてください。

努力するだけでいいんです。

努力するだけで努力しない人を追い抜かすことができるのです。

だからビジネスで成功したい、と思うのなら最大限努力する必要があります。

僕も努力したいとは思っているのですが、それが最大限か?と聞かれると肯定することができません。

これがまだ僕の弱いところです。

だからこれからもどんどん努力していきたい、と思っています。

そして何にもしばられない世界に行きたい、これが今の僕の夢です。

きっと皆さんもつれていきます。



最後までお読みいただきありがとうございました。