「世界で一番貧しい大統領から君へ」書評~人生は未来だ~

こんにちは、たつだんです。

今日も、「世界で一番貧しい大統領から君へ」という本の書評をしていきます。

今日は、昨日の続きで、また新しいところを紹介します。

この本は、本当にたくさんのことが心に残りました。

昨日の記事はこちらからどうぞ。

人生は未来

心に残ったのは、この部分です。

人生は未来だ。過去じゃない。もちろん、過去は厳然と存在する。いや、過去を忘れるのではない。そんな簡単に忘れられるものか。これまで起こったことを、どうやって忘れろっていうんだ。だが重要なのは未来のために過去を乗り越えることなんだよ。

グサッときました。

それくらい、僕には当てはまるものも多かったです。

どんなところか説明していきます。

僕は昔、後悔したことがありました。

これは僕に限らず、たくさんの人があることだと思います。

僕の場合は、それが学校で起こりました。

学校だけではありません。

家でもそうだし、誰かと何かをしたときにも、言ってしまえば人生単位で後悔しています。

あの時こうしていれば、あの時こうしなければ、そんなことなんていくらでもあります。

きっと僕だけじゃありません。

多くの人が同じようなことを思っています。

でも、それだけじゃ何もできません。

過去から未来をつくっていかなければならないのです。

未来のために過去を振り返る

この本にも書いてあるように、過去を消すことはできません。

そんな事ができたら後悔なんてするわけがありません。

でも、過去は存在します。

当たり前のことです。

きっと、タイムマシンができても過去を消すことはできないでしょう。

それは、過去がなかったら今の自分も存在しないからです。

でも、今の自分が存在する。

矛盾してしまいますよね。

するとやはり、過去は大きく変えることはできない、ということです。

もちろん、小さなことなら変えられると思います。

でも、結局行き着く先は同じです。

過去を忘れることもできません。

過去はどうしたって存在します。

でも、重要なのは、ここにも書いてあるとおり、未来のために過去を乗り越えることです。

後悔ばっかりしていても意味がありません。

後悔だけでは未来はありません。

大事なのは、後悔から未来をつくることです。

後悔だけでは未来は生まれません。

あの時こうしておけばよかった、だけではだめなんです。

もっといい方法はなかったのか、これから同じことをしないようにするにはどうしたらいいのか、そんなことを考えて未来をつくっていくのです。

何度もいいますが、後悔だけでは未来は生まれません。

過去を乗り越えて、未来の為に生きていきましょう。

それがきっと、自分らしい自分を作ってくれるはずです。

今日は短いですが、このへんで終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。