コンセプトとは本当は何なのか

こんにちは、たつだんです。

今日は、2日続きますが、コンセプトの話をしていきます。

これを知って本当に驚いたので、ぜひ最後まで読んでください。

最も大事なことではない

まず僕が驚いたのはコンセプトは一番大事なことではい、ということ。

後述しますが、いちばん大事なのは自分を好きになってもらうことです。

でもある意味コンセプトは大事でもあって、自分を好きになってもらうためのきっかけになるのです。

僕が考えるに、まずはコンセプトを知ってもらって、そのコンセプトに興味を持ってもらったら、次第に自分にも興味が向き始めるということでしょうか。

僕は今までコンセプトが一番大事だ、というように思っていましたが、メールして聞いてみたらまったく違うことを知りました。

今まで2回もコンセプトについて書いてきました。


今までの勉強から言えるのは、コンセプトは自分に興味を持ってもらうためのもの、そして相手をつれていきたい世界、ということです。

前の記事にも書きましたが、自分だけが行きたい、といっていたのでは勝手にどうぞ、となってしまいます。

相手もつれていきたい、ということで、相手は興味を持ってくれるのでしょうか。

ここから言えるのは、まずは自分が行きたい世界を決める。

そしてその世界に相手も連れて行く、ということをいう。

そして自分に興味を持ってもらう。

こんな感じでしょうか。

自分を好きになってもらう

自分を好きになってもらうということについて話していきます。

このビジネスで稼ぐようになるためには誰が発信しているか、ということが大事です。

僕も誰がしているかわからないような教材を買いたくはありません。

だからまずは自分に興味を持ってもらうことが大事です。

そのために大事なのは先ほど説明したコンセプト、もう一つ重要なものがあります。

それは価値提供です。

お客さんに無料で価値を提供することができれば好きになってもらえます。

どうやら無料で価値を提供しているうちに有料の情報にも価値を見出してもらって、買ってもらえるということらしいです。

これには驚きました。

まさかそんな裏側があったとは。

たしかに僕もマッツさんの教材を買ったとき、気にしていたのは教材の内容というより、マッツさんという高校生が発信している、ということにありました。

こんなところからも誰が発信するのかは大事だということです。

まとめ

では、大事なことをまとめたいと思います。

コンセプトは自分に興味を持ってもらうためのものであり、相手をつれていきたいという思いが必要。

自分を好きになってもらうためにはコンセプトという未来を見せると同時に価値を提供することが大事。

最後までお読みいただきありがとうございました。