やりたいことを見つけるには〇〇をすればいい

こんにちは、たつだんです。

今日は、やりたいことを見つけるために大切なことを書いていこうと思います。

最近やりたいことがないという人がものすごく多いです。

今日は、この原因と、どうすればやりたいことを見つけられるのか話していくのですが、その前にやりたいことを見つける意味を考えてみます。

やりたいことがあれば、それに向かって一直線に努力することができます。

夢を叶えるためには時間と労力が必要です。

それをやりたいことに100%投資することができるわけです。

それに比べてやりたいことがない人というのは今すぐその状況を変えたほうがいいです。

なぜなら限りある資源、時間と労力、さらにはお金というものまで、自分がしたくないことに使ってしまうことになるからです。

それってとても無駄だと思いませんか。

というわけで、今日は「やりたいことを見つけるためには〇〇をすればいい」という題名で話していきますね。

それでは、見ていきましょう。

長期的な目標を考える

やりたいことが見つからないというのは、つまり目標がないということです。

やりたいことがあるならそれは目標になりますからね。

ここで注意しておきたいのは、「長期的」な目標を持つということです。

おそらく多くの人は意識していませんが、「短期的」な目標というのも存在しています。

なぜ意識しないのかというと、無意識にやっているからです。

当たり前なことを言ってすみません。(笑)

無意識にどんな事をやっているのかというと、目の前の利益を追求しているのです。

暇だな、じゃあスマホをいじろうか。

こう考えてしまうのが目の前の利益を追求している状態です。

暇なら自分のやりたいことをすればいいのです。

そうすればいつかは夢が叶います。

じゃあなぜそれができないのかというと、やはり、やりたいことがないからなんですね。

だから、やりたいことを見つけるためにはまず目先の利益を追求しないことが大切になってくるのです。

そして、目先の利益を追求することは、悪い習慣と言えます。

悪い習慣を減らせ

悪い習慣をへらすにはどうしたらいいのでしょうか。

これはもう、行動するしかありません。

なぜそんなことが言えるのか。

それは、悪い習慣ばかりしている人は行動していないからです。

行動する、というのは目先の利益を追求しないことを言っています。

つまり、目先の利益ばかり追求して自分のやりたいことを見つけられないのが悪い状態です。

そこから抜け出すには目先の利益ばかり追求するのを今すぐやめて、今すぐ他のことをしましょう。

やりたいことが見つからないのは何も行動しないからです。

行動し続けていればそのうち何かが自分のやりたいことになってきます。

だから、最初は怖いかもしれませんが、勇気を出していつもとは少し違うことをやってみてください。

そうすれば必ずやりたいことが見つかるはずです。

まとめ

まとめです。

今日話してきたことを一言でまとめるなら、

「行動しろ」

です。

やりたいものが見つからないには行動しないからです。

やりたいものを見つけるためにも、時間や労力を無駄にしないためにも、どんどん行動していきましょう!

僕も頑張っていきます。

それでは、今日はこれで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。